常滑市 榎戸区

楽しもう 榎戸!!
 
 TOP 

 区長あいさつ

 地名の由来 

   鬼崎
   榎戸

 人口・世帯数

 榎戸の民話

欄間から抜けだした龍
【龍雲寺】


堤防を守った経石
【新田町】


 榎戸の祭礼

   春祭り
   提灯祭り
   秋祭り

 祭り囃子保存会

 榎戸長生会

 榎戸コミュニティ



  LINK

   常滑市役所
   鬼崎南小学校
  

地名の由来

 
鬼崎(おにざき)

(参考文献)  「常滑の城」  吉田弘著  (常滑の史跡を守る会)     1997年発行

 
【鬼崎】という地名はどうしてついたんだろう。

考えてみりゃ、こわい名だいな。

昔から、知多郡西海岸の三大岬というと、日長崎・鬼が崎・冨具崎が挙げられたそうだ。

鬼が崎は、岬の名だったんだ。

もとは【器が崎】(くりこみがさき)と呼ばれてたのが、【器が崎】(きがさき)となり、そのうち
【鬼が崎】(きがさき)となったらしい。もとから鬼がついたわけじゃないのだ。

榎戸龍雲寺に墓のある元尾張藩付家老の竹腰三信公(たけのこしさんしんこう)は、この
鬼が崎の近くに新田を築き、【鬼が崎新田】と呼ばれたそうだ。

おじいさんに聞いた話だが、そのあたりに広瀬という大きな岩州があって、よく船が乗り
上げて楫を折ったそうだ。それで、水主衆(かこしゅう)が【鬼が崎】(おにがさき)と呼ん
で恐れたというぞ。

そういえば、多屋の海椙神社(うすきじんじゃ)は、海州鬼(うすき)神社からきたものだと
いうのう。

【鬼】(き)は、海の神様ということか。

でも、昔から、このあたりの海に突き出した岬は、白い砂浜に青い松が植えられて、鬼が
崎海岸の磯馴松(そなれまつ)といって、景色の良いところとして有名だったそうじゃないか。

白砂青松(はくさせいしょう)の名勝地だったんだ。

そういえば、市の天然記念物の松並木もある。

今でも鬼崎海岸には海岸植物の生い茂る美しい砂浜が残っとる。

この自然を大切に守っていきたいものだね。


拡大写真

拡大写真

Copyright(c) Enokido ward, All Rights Reserved